介護派遣会社ランキング.com

介護士のやりがい・魅力



介護士の仕事は大変だからこそやりがいが多くある

介護の仕事のイメージは?と聞かれると「大変な職業」と思われがちですが、介護士のやりがいや魅力はどんな所にあるのでしょうか。

介護士の仕事は、体力的に大変な部分もありますが繊細な部分もありますよね。

マイナスイメージを持たれやすい介護の仕事ですが、大変だからこそ仕事のへのやりがいや魅力を感じ喜びに変わる瞬間が大きいのかもしれません。

介護士の仕事は未経験、無資格でも誰でも始めることができます。

ほとんどの施設では、慢性的な人手不足となっているので年中求人を行っているのが現実です。

応募の資格も特になく、対象年齢も50歳でも歓迎という職場がほとんんどと言ってもよいくらいなんです。

人とのコミュニケーションがとれて、健康状態が良く、体力に自信がある方なら、採用される確率は高いです。

職場には、性別・年齢・前職がバラバラで、様々な思いを持ちながら介護という仕事を選んだ人たちが働いています。

何歳でも、どんな職業だったとしても介護職員初任者研修などの研修を受けることで、プロとして誰かのサポートをしたり役に立つことができます。

働きながら資格取得を目指せる職種でもありますので、国家資格である介護福祉士を目指している方もいます。

日常的にやりがいを感じる事ができる

介護の仕事を通して、たくさんのことを学び、やりがいのある仕事であると感じる人が多くいます。

介護士は、利用者である高齢者の笑顔を見られたとき、できなかったことができたとき、「ありがとう」と言われた時などやりがいを感じることができます。

毎日の介護の中で、利用者が回復してきていることがわかったときが多く、日常的にやりがいを感じることがあります。

介護士は離職率が高いと言われていますが、実際に働いている人たちは大きなやりがいを感じ、続けて働きたい!と思っているようです。

ありがとうと感謝されたり、笑顔を見ることができたり、嬉しいことの積み重ねがあふれているそうです。

介護士の仕事は、楽な仕事ではありません。

ですが、他の仕事では経験できないことを仕事ですることができている職業でもあります。

介護士の仕事を、「続けていきたい仕事」としてみるのも良いですね。

もっと介護の仕事を知りたい!介護士の仕事をしたい!と思ったなら、楽しく続けられると思います。