介護派遣会社ランキング.com
介護派遣会社ランキング.com > 介護派遣について > 介護派遣のメリット・デメリット

介護派遣のメリット・デメリット



介護派遣のメリット

介護業界で、派遣での働き方を選ぶ方が増えているそうです。

介護派遣社員をしている方が増えているということは、メリットが多いということですよね。

そこで、介護派遣社員として働くメリットをご紹介していきたいと思います。

正社員より稼ぐことができる!

突然ですが、正社員と派遣社員ではどちらが年収が多いでしょうか?

ほとんどの職種では、手取りが同じでも夏と冬のボーナスによって差が出てきます。

しかし介護業界では、正社員の初任給が低い所や職場によってはボーナスが出ない所もあります。

けれども、介護業界では慢性的な人員不足になっているため即戦力である派遣社員のニーズが高くなってきています。

正社員と派遣社員の給料の比較

正社員(入社1~3年)
月収約15~17万円
賞与約45万円
年収225万円~249万円

派遣社員
日勤・時給約1200円~1400円8時間勤務月20日
月収約20万~23万円
年収約240万~280万円

正社員であれば、昇給などで給料やボーナスが増えることもあります。

同じ介護士でも正社員と派遣社員によって月収や年収に違いがあることがわかります。

残業代をきっちりともらえる!

派遣社員は時給制になるため、働いたら働いただけお給料をもらうことができます。

正社員だと、職場によってはどんなに残業をしても残業代をもらうことがでいないと言ったことがよくあるようです。

24時間365日稼働の介護施設ですので、当たり前なのかもしれません。

ですが、派遣社員は派遣法という法律で守られているので、労働時間が決まっているのです。

残業が必要になった場合は、時給に25%増で加算されるので、いつもよりも多い時給をもらうことができます。

派遣社員ですと、残業代をしっかりともらうことが可能です。

シフトを自分で決めることができる!

週3~4日の勤務、土日休み、日勤のみ、夜勤のみなど、自分のライフスタイルに合わせてシフトを決められるのが派遣社員の強みです。

決められた時間、決められた日数で働く正社員とは違って時間にゆとりができるので、ステップアップのための勉強をすることやプライベートを充実させることも可能です。

また、自分のライフスタイルに合わせて働く事ができるので家庭と仕事を両立する事もできますよね。

家庭を持っているママさん介護士からも派遣での働き方は注目が集まっています。

勤務地を選ぶことができる!

派遣社員は契約期間がありますので、契約ごとに勤務地を変更することもできます。

プライベートに合わせて勤務地を変えることもできますよ。

もっと働きたいなと思った職場があれば、契約の延長をすることもできます。

介護派遣のデメリット

たくさんのメリットがある派遣社員はとても魅力的に見えますが、デメリットがないわけではありません。

覚えておきたいことは・・・
・派遣切りもある
・仕事が決められている
・昇給は望めない

一生懸命働いていると意識しなくなってしまうのが派遣切り。

突然契約を打ち切られることもあるようです。

派遣社員は応急手処置的な人員不足を補うことが多いです。

仕事内容は基本的な仕事を任されることが多いので、基本的な業務のプロフェッショナルを目指すにはとても良い環境になることでしょう。