介護派遣会社ランキング.com
介護派遣会社ランキング.com > 介護派遣について > 介護派遣の役割・仕事内容

介護派遣の役割・仕事内容



高齢者の身の周りのお世話をすること

日本の人口の4人に1人が高齢者という高齢化社会を迎えています。

介護のお仕事は、日常生活のサポートが必要な高齢者が増えていることでニーズが高まってきています。

仕事内容は、老人ホームなどの施設で高齢者の身の周りのお世話をすることです。

日常生活を自分で送ることが困難な高齢者に対して、食事・入浴・排泄などの身体介護を行いできるだけ自立した生活を送ることができるようにサポートをします。

介護するだけではなく、近くで介護する家族などに対して、介護のやり方や進め方などの相談を受けたりアドバイスをすることも必要となっています。

働き方は、正社員・パートの他に派遣で働くという選択をする方も増えています。

介護の現場で派遣社員として働くということは、様々な介護施設で働く機会があるということですよね。

たくさんの経験を積むことで、介護のスペシャリストとして活躍することも期待できます。

そのようなことから、求人では即戦力を求められることが多いようです。

代表的な介護派遣の役割

身体介助

高齢者の方の身体に直接触れて行うサポートのことです。

食事・排泄・入浴・洋服などの着がえ・洗顔や歯磨き・おむつ交換などを行います。

また、ベットから車いす・車の乗り降り・歩く時の補助・車いすでの移動などもあります。

日常で何が必要で、何が困難なのか、人それぞれ違ってきますので、どのようなサポートが必要か見極めながら行うことが大切です。

生活援助

高齢者の方の生活のサポートのことです。

洗濯・掃除・片づけ・買い物・食事作り・薬の受け取りなど日常的な家事などを行います。

在宅での介護では、家事はとても重要なサポートとなります。

掃除・洗濯・片づけなどは人によって様々なやり方がありますよね。

そのようなことを考え、配慮しながら行うことが大切です。

資格があると派遣先を見つけることが有利になる

介護の資格は大きく分けて、介護福祉士と社会福祉士があります。

資格があると、派遣先を見つけることが有利になるでしょう。

この、介護福祉士と社会福祉士になるためには、2015年から福祉関係の学校で教育を受け卒業してから国家資格を取ることが必要となりました。

幅広い知識や豊富な実務経験を持つことで、さらなるステップアップへと繋がることでしょう。

その他にも、要介護者のいる家族から相談を受けてケアプランなどの作成をするケアマネージャーは実務経験5年以上の人が資格試験を受けることができます。

介護の仕事は、今後も安定して必要とされる分野と見込まれ、幅広く活躍することが期待できる職種の一つと言えるでしょう。