介護派遣会社ランキング.com
介護派遣会社ランキング.com > 介護派遣について > 働くなら派遣と正社員どっちがいいの?

働くなら派遣と正社員どっちがいいの?



派遣社員と正社員の違いはなに?

介護のお仕事をしたいと考えている方には、正社員での働き方を選ぶのか、派遣社員での働き方を選ぶのか迷っている方もいらっしゃると思います。

正社員と派遣社員ではどちらが良いか?と聞かれたら、ほとんんどの方は正社員を選ぶことが多いと思います。

ではなぜ、正社員が良いと答えるのでしょうか。

派遣社員より、

『立場やお給料が安定しているから』
『昇給を望むことができるから』
『ボーナスがあるから』

などの注目すべきことがあると思います。

正社員と派遣社員の違いは様々ありますが特に気になるのは、お給料・勤務時間・仕事内容になります。

派遣社員と正社員、それぞれの違いを比較してみました。

給料

派遣社員の給料は、日勤の場合は時給、夜勤の場合は回数で換算されます。

平均的に日勤は約1200円から1400円、夜勤では1回約2500円から3500円となっています。

派遣の最大のメリットは、働いたら働いただけお給料に反映されることですね。

残業になることも多く、勤務時間が長い介護の仕事は嬉しいですね。

正社員の給料は、月給もしくは年俸制になります。

勤務時間に関係なく、決められた金額となります。

職場によっては、残業代が支給される所もあります。

正社員で働く最大のメリットは、ボーナスですね。

一般的な会社では、夏と冬に2回ボーナスがあり1度のボーナスで月給の2~3ヶ月分がもらえるとされています。

しかし正社員だから必ずボーナスがもらえるとは限りません。

会社や職場によって違いがありますのでボーナスが支給されないということも珍しくありません。

勤務時間

派遣と正社員ともに日勤は約8時間、夜勤は15~16時間のことが多いようです。

違いは時間外労働(残業)になります。

派遣社員の残業は、派遣先である介護施設などの職場は、できるだけ残業はさせないようにしていることが多いようです。

そのため、契約した時に提示された勤務時間で帰宅することができます。

派遣社員を残業させない最大の理由は、残業代が時給に25%増で加算されるということもあります。

正社員の勤務時間は、残業は当たり前なことが多いようです。

介護の仕事は高齢者を対象としたサービスになりますので、時間通りキッチリと予定通りになることはまずありません。

トラブルなどもありがちになります。

そのような時に、パートや派遣社員に任せるよりも正社員にお願いした方が良いですよね。

その他にも、派遣社員は派遣法に基づき最長で3年間の雇用となります。

正社員は契約期間は特になく働き続けて行くことができます。

仕事内容

派遣社員の仕事内容は、介護士であれば誰でもできる基本的な仕事を任されることが多いようです。

入浴介助・食事介助・排泄介助などになります。

介護士であれば誰にでもできる仕事なので、即戦力になる派遣社員が求められることが多いです。

仕事をこなすことができない派遣社員は、場合によっては契約を打ち切られることもあります。

正社員の仕事内容は、入浴介助・食事介助などの身体介助の他に、レクリエーションなどのイベント企画や運営など幅広く活動することがあります。

その他にも、利用者さん家族の対応、スタッフ同士の連携、外部サービスとの連絡なども大切な仕事です。

介護派遣社員の仕事はキャリアアップを望むことが難しいですが、お給料が高いこと、シフトをある程度自分で決めることができることなどから、介護派遣で働く方が増えてきているようです。

派遣での働き方を選ぶ方が増えてきているということは、それだけ魅力のある働き方と言うことですね。